癇癪について、少しだけ光が見えてきた!(長文)



先日息子がパパと行ったアンパンマンミュージアムの写真(^^)

この後くらいから、なんだか息子が変身しちゃったんだよな~。。


さて、息子の癇癪、イヤイヤについて、色々と調べながら考えあぐねていたところ、昨日、パッと目の前が開けたことがあったんです。

それは、もしかしたらこの原因は他の誰でもなく、わたしなんじゃないか?
ということ。

というのも、最近良く、
「ママ、ダメ!ママ、キライ!!」
とか言われて、かなりのショックを受けていたので、自分を深く反省してみたんです。


そうすると、確かに思い当たるふしが…。

それは、
最近、全然息子と心を通わせていなかったな、
ということです。

もちろん一緒にいる時間は他の誰よりも長く、一番世話もしているはずなんですが、、息子を満たしているかと言えば、全くと言っていいほどそうではないんじゃないかと。

何か用事や自分のことをしながら片手間で遊んでいたりとか、目を見ることもなく会話してたりとか、あるいは家事などでほとんど取り合わなかったりとか…。

こっちの事情もあるのだけれど、向こうからしたら、
「ママ何やってんの?!ちゃんとこっち見てよ!」
と言う感じで、かなりイライラしてたに違いありません。

それよりも何よりも、息子の心を見失っていて、なんにも気持ちが通じ合ってなかった。

それどころか最近は、息子のことを何だか良くわからないことで突然キレたりする、モンスターのようにさえ思っていたりしたんです(わたし…最悪です)。

そしてそれが息子にも否応なく伝わり、癇癪に繋がっていたのかな?と。

つまり息子の、
「ママ、ヤダ!」
は、
「もう!何で僕のことを分かってくれないんだ!」
ということなんですね。

だってほんとに嫌われてたら、逃げられるか、あるいは無視されるはずだけど、相変わらずこっちに寄ってくるしね。


そしてその夜から早速実践。

とにかく自分のことはさておいて、お茶碗が汚れていても、洗濯物が雑然としていても、風呂の後、髪の毛が濡れていたとしてもお構いなく、息子を抱っこしてスキンシップしたり、一緒にテレビ観たり、お話したりして、ずーっとくっついてたんです。
(それも今までのようじゃなく、きちんと心を通わせるようにして)

それから息子の要求には、できることならなるべく全部叶えてあげるようにしてみました。

ただ単に甘えているだけの、「ママ〜、あれやって、これやって、パジャマ着せて〜」などの欲求も、気持ち良くやってあげたんです。

そしたら思いのほか、効果は絶大!

息子の癇癪は、昨日の夜からは一度もなく、今朝もちょっと愚図りはしたものの、癇癪には至らず、すぐに持ち直し、それだけじゃなくて、自分がこぼした飲み物など自分でタオル持ってきて拭いたりして、わたしは目を疑うほどでした。。


全然、違うんです…。


今まで良く相談したりした人には、
「ちゃんとお子さんみてあげてますか?」
とか、
「ちゃんと遊んであげてる?」
とか言われていて、
「ちゃんと」って何だよ!
と、なんだか釈然としない思いを抱えていたのだけれど、ここにきてようやく腑に落ちたような気がします。

息子の母親はわたし一人だけ。

泣いても笑っても、息子が甘えられるのはわたしだけなんだ。

この子を育てられるのはわたししかいない。

ということを、もう一度、きちんと胸にしまって、今日からまた新しい気持ちで子どもに接しようと思います!

コメント

  • 2014/08/18 (Mon) 19:29

    感動しました☆

    摩耶 #- | URL | 編集
  • 2014/08/19 (Tue) 08:10
    Re: タイトルなし

    なんかねぇ〜、陽ちゃんはマヤに似てるよ(笑)

    mizi #- | URL | 編集

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する