虹(長文)




今週は雨が多い。


写真は、今週見た虹。


写真では上手く撮れなかったけど、色がもっと鮮やかで、まーるく円を描いていて、とても綺麗だった。

息子と見て、2人で感動した。

***


最近、また息子のことで無駄に悩んでいた。

息子の頑固さや神経質なところ、落ち着きのないところ、感覚過敏なこと。

どうしたらこれらが軽減されるのか、についてずっと考えていた。


でも、先日、ある人に言われて「はっ」と思った。


「息子さんの気質をどうにかしようとするんじゃなくて、そのままを認めてあげたら?」

・・・

そう、そのとおりだと思った。


頭では分かっていたつもりだったけど、言われるとはっと我に帰る。


わたしは、息子のことをこのままじゃダメだと勝手に決めつけて、自分の好きじゃないところや受け入れられないと思うところを、なんとかして変えていこうと必死になっていた。

そしてそれが将来、社会で生き抜いていく息子のためになると思い込んでいた。

でも、その一言で気づいた。

それは、過干渉で他人をすぐにコントロールしたがるわたしの母親と、やっていることがまるで同じだということ。

そしてわたしは、それが小さい頃から、とてもとても嫌だった。

しかし、わたしも今、同じことをしているのかもしれないということに、ようやく気づいた。

もともと、そのままでいいと思えないのは、きっとわたしの都合であり、わたしの基準でしかない。

わたしが嫌な気分になるから、わたしが恥ずかしい思いをするから、わたしが困るから・・・

全部、母親であるわたしの都合なだけ。

息子のありのままを認めていたいと思いながら、全然、そうじゃなかった。

もちろん、時には母親の感情をぶつけてもいいと思うけど、それと自分の理想に当てはめるというのとは、話が違う。

わたしはきっと、いつも他の母親に対してコンプレックスがあるのだ。

昔から、息子が育てにくい子だったために、いわゆる平均的というものに対して、ひどいコンプレックスがあるのだ。


でも、息子の激しい気質や性格は、生まれもったもので、そうは変わらない。

感覚過敏も、訓練でどうにかなるものではない。

そんなことで2人で喧嘩してたって、いつまでも拉致があかない。

変わらないのなら、母親であるわたしが、変わるしかないと思えた。


母親の努めは、息子の一番の理解者になること。


その人の一言で、心からそう思えた。

子どもは自分の所有物ではなく、ひとりの人格をもった人間。

だからこそ、意見が違うことは当たり前だし、たまたま同じになることがあっても、決して思い通りになることはない。

仕事として、他の家の子どもに対してはそれができているのに、なぜ我が子ではできないのか。


きっと、ちょっとしたコツが必要なのだろう。


それからは、とりあえず、自分の負の感情は排除して、息子の気持ちを一番に考えてみることにしている。

息子が今、どういう気持ちなのかを察してみる。

それで、ずいぶんと気持ちが楽になった。

息子が自分でそう思い、そういう行動になるのだったら、それはそれで仕方ないと思えるようになった。

きっと、客観的に見れば、それはきっと難しいことではない。

問題はいつも自分自身だ。


そして、もう一言、その方が言ってくれたことがある。

「幼児期で一番大事なことは、親子の関係を安定させることだ」と。

嫌なことを無理やりさせることが必要かどうか迷っていたわたしは、これでまた違う視点に気づけた。

とにかく、できないことがいくつあってもいい。

同級生に比べて、幼くて、感情の起伏が激しくて、扱いにくくてもいい。

社会性を身につけるのが、どれだけ遅くてもいい。

気持ちを理解してあげて、息子が楽になるのだったら、それが一番だと思えた。


結局は、自分の未熟さに、また気づけた一週間だった。





コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する