お箸変遷


さて、息子の箸も大分上達し、やっと保育園でも使用してもらえるようになりました。
(まだまだ完璧とは言えませんが)

お箸を使いたがっていたので、どうすればいいか試行錯誤で、ずいぶん色んなお箸を買いました。

ここには載っていませんが、エジソンのお箸から始まって、さまざまなタイプの補助箸に手を出しました。

結果、一番早いのは、補助箸でたくさん練習するよりも、普通のお箸を握らせて慣れさせた方でした。

補助箸って、確かに正しい位置に指は置けるんだけど、そこに置いたとしても、うまく口に運べないのでイライラして、「イヤ~!!」
となってしまうんですよね。

そしてそれを見ているわたしもイライラして、
「じゃあもう食べんでええわ~!!」
と言ってしまうという…
悪循環です。

代わりに、好きなように持たせて、まず食べさせることで、どう動かせば食べやすく掴めるようになるのかをだんだん指で覚えていく感じの方が、うちの息子には合っていたようです。

習うより慣れろ、ですかね。

そんなこんなで、ようやく使えるようになったお箸ですが、体調不良だったせいですっかり甘えが酷くなった息子は、
「ママ~、食べさせてぇ~」
を連発で、お箸を握ろうともしなくなったという…。






iPhoneから送信

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する