大道芸

大道芸で思う存分遊ぶ息子。


  


☆ウクレレ☆

昨日は保育園のお友達がお家に来てくれて、一緒にまたまたケーキ食べたり遊んだり、公園に行ったりして過ごしました。

似た者同士の2人。

喧嘩して仲直りして、また喧嘩して…のエンドレスの繰り返しで、見ているこっちも、もうヒヤヒヤです笑


でも、このママもめちゃくちゃ可愛くて素敵なママで、いつも一緒に遊んでくれるのが本当に有難いです。

なかなかこの感情の起伏が激しい息子とずっと仲良くできるお友達は今まで少なかったので…(^^;;


そして、また別のお友達からなんと本物のウクレレをお誕生日プレゼントにいただいたので、それを弾きながら、息子は歌って踊って、昨日もどんちゃん騒ぎでした(笑)

幸せ者だよなぁ~。


  




フライドチキン

息子の誕生日のリクエストで、フライドチキン作りました。

見た目はちょっとアレですが…、w
味は美味しかったようで、めちゃくちゃ食いつきが良かったです。


息子は最近ほんとに良く食べてくれるので作り甲斐があります。

しかも、食べるのも早くなった。


以前は保育園でも、いつも一番最後まで残って食べていたようですが、最近はそうでもないようで、先生にも褒めてもらえました。


ほっと一安心です。



  



5歳

息子が5歳になりました。

5歳。赤ちゃんの時から泣いてばっかりだった息子が、もう5歳。


わたしも、ママ歴5年になりました。


長いようで短かった5年間。


きっとこの先の5年も、あっという間に過ぎていってしまうのだろうなぁ、

という気持ちで、今日はしみじみと過ごしていました。


息子が5歳になった今、改めて思うこと。


それは、あらゆる育児に関する悩みは一過性のものなんだということ。


子育てする中で、いろんなことに悩んできたけど、真正面から向き合ってどうにかしてきたこともあるし、じたばたしても、どうすることもできなかったこともある。


だけど、時が過ぎれば、いつもどうにかなっていた。


結局、長い目で見れば、ちょっとした悩みも、それほど大したことではなく、ほんの一時的な通過点だった。


あんまり深く捉えすぎず、かといって、放置するでもなく、見守っていけば、子どもはまっすぐ育ってくれるのかもしれない。


やっと手がかからなくなった今だから言えることだとは思うけれど…。


5年間、色んなことがあったけれど、今となっては、名前どおり、活発で、明るく陽気な子に育ってくれた。

もう、それだけで十分だと思えた。


先日、何かの本で読んだこの一文が、いつも心の中に残っている。


「子育ては、子どもたちの奥深くに埋もれている宝物を、親子で発見する旅」


息子の宝物を、わたしは一生失いたくない。


親としてできることを、また明日から見つめていこうと思う。


息子君、これからもよろしくね。

いつも笑顔と幸せをくれて、ありがとう。




  



造形

息子の保育園では、年中組になると、造形の時間がある。

今日は、広告の紙で一人ずつマントを製作した模様。

帰り道、マントを着たがったので、付けて一緒に歩いて帰った。

ただの広告だけど、子どもはこれで十分ヒーローになれるんだよね。