自分をえらんで生まれてきたよ

いんやくりお君の『自分をえらんで生まれてきたよ』を読んだ。

重度の障がいを持って生まれた男の子の、生まれる前の記憶などをまとめたお話。

いんやくりお君は、体内記憶や、それ以前の、お母さんのお腹に入る前からの記憶があり、小さい頃から、この世のしくみや神様のことなどをずっと母親に伝え続けていて、それがまとまったのが本書となっている。

摩訶不思議な話だが、このお話が本当か嘘かはわたしにとっては問題ではなく、りく君のお話を聞いていると、なぜか自然に涙が零れてしまう。

「生まれる前ね、
神様と約束した。
ママといっぱい話すって。」

「ママとぼくは、ひもで結ばれているの。
にじいろの、伸びたり縮んだりする、ひも。
神さまが、結んでくれたの。
心の目で見ると、見えるよ。
だから、離れるとさみしいの。
だから、いっしょにいるの。」

「ママに、しかられると、ぼくの心の花が、かれちゃうの。
だから、ママ、ぼくがいたずらしても、
しからないでほしいの。
ぼくは、いたずらしたいんだから、
ママもいっしょに、いたずらしようよ」

りお君は、赤ちゃんが生まれてくるのは、みんなを幸せにするためだと言う。

りお君が病気で生まれてきたのも、他の病気で生まれる子や、お母さんたちを、励ますためだと。

病気だったから、心の言葉が話せるようになったのだと。

みんなが幸せになって、地球を守り、大きくするのがこの世に生まれた人間の役目だと。


もしそうであれば、この世の悲しみも、苦しみも、怒りも、すべて幸せを感じるためのプロセスなのかもなぁ、と思った。

色んな感情を味わうことで、幸せもより一層深く感じることができると思うから。


「ぼくは、ママが大好きだ。
どことどこが好きかっていうと、
ぜんぶ好きだ。
ママが怒っているときも、
ママが好きなんだ。
ママ、大好き。
ぼくにいのちをくれて、ありがとう。」

この言葉は、息子がよく言うことと似ている。

息子は、わたしが怒って恐い顔をしている時も、笑っている時も、泣いている時も、家でくたびれたシャツを着て、ボサボサの頭に素っぴんでいる時も、
「ママ、可愛いよ。大好き」
と言ってくれる。

ひょっとしたら、子どもは、親が子どもを好きな気持ちよりももっと強く、親を愛してくれているのかもしれない。

親になるということは、手のひらいっぱいに愛を抱えた小さな天使に、無条件に愛されるということだ。

改めて、親になって、良かったなぁと思った一冊だった。








待望の赤ちゃん

妹に赤ちゃんが生まれた!

皆が待ち望んだ赤ちゃん。

出産は難産で、帝王切開になる一歩手前だったらしいけど、逞しく無事に産んでくれました。

小さい頃から体が弱い方で、持病もあり、自分に子どもができる気がしないと言っていた妹。

心から愛してくれるパートナーと出会い、田舎へ引っ越して、だんだんと本来の自分を取り戻し、みるみるうちに健康になって、立派な赤ちゃんを授かりました。

人生には、まだまだ素晴らしいことがある。

予期しない喜びがたくさんある。

これからどうか、幸せいっぱいの家庭が築けますように…。

さとにきたらええやん

FullSizeRender_0924.jpg

先日、映画『さとにきたらええやん』を観てきました。

大阪の日雇い労働者の街・釜ヶ崎で、38年間続く子どもたちの集いの場「こどもの里」を舞台にしたドキュメンタリー映画です。

「こどもの里」は、東京でいうところの、家庭支援センターや親子広場みたいなものかな?でも、子どもだけでも来れるから、ちょっと違うかな。

要は、子どもたちやその親が集まれる地域の広場であり、誰でも無償で利用でき、遊んだり勉強したり、時には宿泊したりすることもできる、もっともっと太っ腹な、大家族の家みたいな感じです。

しかし、市からの援助は2013年に打ち切られ、今はNPOとして運営しているらしく、その過程はしばしばニュースでも話題になっていました。

そんな施設で、DV、障がい、いじめ、貧困など、色んな困難を抱えながらも、笑いを忘れずに、明るくたくましく生きている人間たちの生きた記録が、この映画です。

さて、映画の感想ですが、初っ端から頭を殴られたような衝撃。

子どもらがみんな、大きい小さい関係なく、この家の中で、泣いたり暴れたり、喧嘩したり、時には室内で野球なんかやったりして、自由にやりたい放題にやっていても、大人は誰一人それを止めたりしません。

わたしが知っている近所の広場とはまったく違っていたので、思わず笑ってしまいました。

と同時に、関西出身のわたしとしては、なんだか懐かしさを覚えるような・・・

とにかく、前面に「大阪」の雰囲気が溢れだしていて、それは=(イコール)生命力であり、この街の持つ力だな、と感じました。

そして途中から、子どもも大人も境い目なく、みんな好きなことを言って笑いあい、本音で語り合っている姿が、羨ましくさえ思えてきました。

そして職員さんも、仕事やプライベート関係なく、困っている家庭があれば話を聞きに訪問し、子どもには、施設を出てからも一生相談に乗ると言い、時には親をも包み込み、みんなで泣いて笑って、本気の愛を持って地域の皆で支えあって生きていることが、どの場面からも伝わってきました。

子どもたちが夜回り中、ホームレスの人たちにかける言葉や、その会話のやりとりにも泣かされました。

みんな優劣なく同じ人間。

他人の問題は、社会や自分自身の問題でもあるのに、どうしてわたしはすぐに他人を判断するようになってしまったのかな、と自分を恥じてしまいます。

東京にも、こんな施設があったらいいのにな。

そしたら、毎日でも通いそう。

でもきっと、東京では、ここまで踏み込んだことはしないんだろうなぁ。

わたしも知らないうちに、他人と一線を画すような暮らしになってしまっているから、とてもこの雰囲気が懐かしく、また、どうやったらこちらの館長や職員さんのように子どもたちと接することができるのか、いろいろと考えさせられました。

まだ全国各地で上映しているようなので、ぜひおススメしたい映画です。

「さとにきたらええやん」公式HP

カブトムシさようなら




我が家のカブトムシ、雄が元気がなくなり、とうとう天に召されていったので、息子と一緒に公園に埋めに行った。

息子、ちょっぴり悲しそうだったけど、涙はこぼさなかった。

雌も前ほど食欲がなくなってきたのでそろそろかな…

みんないなくなったら、寂しいなぁ…。


カブトムシって、結構個性があって可愛いということに気づいた夏。














iPhoneから送信

スイートポテト




今日は秋分の日。

朝から息子と一緒にお芋を茹でて、スイートポテトを作りました。

バターとお砂糖だけのスイートポテトだったけれど、息子は喜んでバクバク食べていました。

生クリーム入れたらもっと美味しそうなので、また今度作ろう!