年越し蕎麦






昼間のファミレスでの様子と、自宅の夕飯のお蕎麦。

史上初めてパパが大晦日にいるという奇跡が起こったので、せっかく用意した息子ご飯は食べずに、パパに食べさせてもらってます…。

このパフェ食べてる時の顔、良くするんだけど、本当に好きだな。

なんでこんな戦ってるような顔になっちゃうのか疑問ですけどね。


今年もたくさん息子に笑わせてもらいました。

毎日毎日本当にイヤイヤ期で頭おかしくなった時も多々あったけど、折々見せるこの変顔やらひょうきんさに救われて、なんだか子育てできてる気がします。

息子よ、来年はもうちょっと勘弁してね。

所構わず突っ伏して泣かないで、ちょっと自分の思い通りにいかなくても癇癪起こさないで、もうちょっとおとなしくしてもらえると、すごーく助かるんだけどな。

わたしもできる限り歩み寄れるよう頑張るからね。

ホント、頼みますよ。

息子の性格





一足早く、お正月を先取りのようなこのメニュー。

黒豆や筑前煮など、手の込んだ料理は母親からの送りものです。

自分じゃ滅多に作りません。
ありがたや~。

あ、まだクリスマスツリーがあり、息子もしっかりと帽子を被っていることはどうか気にしないでください。
(至極お気に入りのようで…)

それはそうと、息子ってひょうきんなのでしょうか。

それとも、みんな食事中はこんな感じ?

最近、息子って面白いやつだったりするんだろうか、と再考中です。


昨日も喧嘩してリビングの襖を閉めたら、しばらくしてなにやら、
「クチャクチャ…クチャクチャ…」
と言う音が聞こえてくるので、「何事か?!」と思って、そーっと襖を開けると、隠れて背中を向けて立ったまま、キッチンで解凍中の食パン食べてました…。

高い所に置いていたのに、わざわざ椅子を持って来て台所を捜索したようです。

よほどお腹が空いていたのでしょう。

「何やってんの?」
と後ろから聞くと、ハッとして振り向き、バツが悪そうに、
「エヘヘ (#^.^#)」
とパンを口いっぱいにして笑っておりました。

3歳手前にして、キャラ立ちが全開してきています。

頑固で小心者で内弁慶でひょうきん者、どうやらそれがうちの息子のようです。

人それぞれ、性格って放っておいても顕著に表れてくるものなんですね。


冬休みはじまり





暇、暇、ヒマ。

本当はやらなきゃいけないことたくさんあるけど、息子と一緒だとできない用事ばかり。
(持ち帰り仕事など)

行くとこ特に思い当たらないので、京王れーるランドに来てみました。

ここは確かに息子が喜ぶんだけど、順番待ちとか交代がスムーズに行かず、ほとほと疲れることに改めて気づく。

でも喜んでもらえたようだから、まぁ、良かったかな。

スマホに慣れた息子が撮ってくれたわたしの写真がばっちり中央に写っていたので「やるな」と思う。


















iPhoneから送信

おふろDEミニカー



クリスマスプレゼントにサンタからもらったこのトーマスの「おふろDEミニカー」がめっちゃ使える。

電池要らないし、ハンドルを回すとカーブを上がり下がりするという操作が面白いし、氷をケースに入れると、トーマスやパーシーの色が変わるというのがなんともcool。

息子は夢中でハンドル回して遊んでる。

わたしはその間にゆっくり髪の毛が洗える。

さらに嬉しいのは、お風呂を嫌がっていたのに、このために自ら進んで入るようになった!

もちろんすぐに、
「上がる~!!(怒)」
とも言わない。

なんて良いものを入手したんでしょう…。

自分のプレゼントのセンスに悦に入る。


クリスマス





サンタさんからもらったプレゼントでひとしきり遊び、念願のイチゴのショートケーキを食べ、歌い、踊り、クリスマスを存分に満喫していた息子。

そして今朝、またもやクリスマス帽をしっかりと被り登園していきました…。(脱ぐのを拒否)


クリスマスを引きずる男。


















iPhoneから送信