6歳の女の子から学ぶこと




いつもの公園。

知らない女の子が、「一緒に遊ぼ~」と言ってきた。

息子は即、下を向いて、「やだっ」と首を横に振った。

(あ~あ、またか)

と私。

女の子にゴメンね、と言って、仕方なしに息子を一人で遊ばせていたのだが、女の子は諦めなかった。

「うん」と言いつつ、周囲で、「ほら、これできるよ~」とか、「ちょっと見てて!」とか言って、息子を遊びに誘っている。

息子はその度に、「やだー!遊ばない!」と叫び、わたしにしがみついた。

(心が狭いやつ…)

私は内心そう思い、もう帰ろうとした途端、急に息子が走り出した。

女の子がちょっと離れたのを見て、緊張がとけたのか、いきなり後を追いかけて行ったのだった。

それを見た女の子は、そのまま息子をうまくリードして、いろんなところへ引っ張りながら一緒に遊んでくれた。

どんぐり拾ったり、遊具で手助けしたり、一緒に並んで滑り台すべったり…。

息子はとても楽しそう。

なんか、感動した。

女の子に。

あんなに息子に強く言われてもなんにも気にせず、すごく優しく息子を見守ってくれてたから。

息子は懐いてからはもうキャーキャー大はしゃぎ。

お姉さんの後をどこまでも追いかけて、一生懸命走り回っている。

わたしは、

「わたしにないものは、これか~」

となんだかしみじみと考えた。

一つ一つ真に受けることなく、ただ流して見守る気持ち。

それが大事なのかも。

うちの息子、気が小さくて、心が狭くて…と思ってたけど、こういうきっかけで、簡単に変わることもできるんだ。

わたしが頑固で引きずるから、息子もいつまでも頑固になっているのかもしれない。

ちょっと明日からまた改めてみよう、と思った。

どこにでもヒントはあるものだなぁー。

ありがとう。(^ ^)

イヤイヤ復活!


自撮り写真。

おもしろい。



それにしても、また病気が良くなってきたのを境にイヤイヤ病が復活してきたようで、何を言ってもヤダー!ヤダー!言うし、
病院でもどこでも、1人だけこの世の終わりと言わんばかりに泣き叫び、大暴れしてもう大変。

他の子とおもちゃの取り合いでも大騒ぎ。

こっちはその度に担ぎ上げて平謝りで、体力も限界。

頑固だから何を言っても聞く耳持たないし。

なんか、もう、そういう性格なんですね…。


終わりなき母親業。


ガラ空き





毎度、動物園。

少ーし症状が良くなったのか、あまり痛がって泣かなくなったかな?
と思ったので、息子を連れてお馴染み動物園へやってきました。

いや~平日の人の少なさに驚嘆。

ライオンバスなんて、1組~2組で一台です。ぜいたく~

歩きながら、どこも空いてていいなぁ~、と思いました。

中にいるのも、保育園の遠足組や、写真家のような人、絵を描いている人たち、子連れ、おじいちゃんおばあちゃんなど、とにかく平和です。

平日って、いい…。

このまま専業主婦になってもいいかも…とちょっと思ってしまいました。

毎日あんなにめまぐるしく生活していたのが嘘みたい。

みんないろんな生き方してるんですよね。

息子は今は腕の中で昼寝中。

起きたらレンタルビデオ店に行って、ポニョでも借りて、夜はゆっくりそれを観ながら過ごす予定です。

こういうなんでもない幸せも、貴重ですね。


お家でピクニック





ヘルペス性歯肉口内炎に罹った息子。

遊びに行く場所も限られて、毎日遊ぶ相手もわたしただ一人…そしてテレビ。
なんか可哀想。

せめてもの娯楽に、天気が良いのでお家のベランダでピクニックしようと思い立ちました。

柔らかいものは食べられるようになった息子は、おにぎりとかひじき煮とか、ビスケットとか食べて、You Tubeから流れてる音楽でノリノリに。
「楽しいね~(^^)」
と言ってくれました。嬉しかった!

でも、機嫌がいいのはあっという間。

残りは薬を巡っての戦いが昼夜繰り広げられ…今日また病院で追加の薬をもらってきました{(-_-)}

病院に行くのもほんと骨が折れるよ~~~ヽ(;▽;)ノ

なんで周りの他の子らが大人しくできてるのかほんと謎。


牛を見に。





雨。

熱は下がったけど半端なく不機嫌な息子を連れてお散歩。

大好きな牛を見るツアー。

少し機嫌治ったかな。

お腹が空いてるのに、歯茎が腫れてて、口内炎も広がってるので、どうしても食べられない。
で、一日中泣いている。
あー、かわいそう(T_T)

柔らかい蒸しパン作ったけど、これもダメだった。

ほんとうにやりきれないね。。