3月31日




今日は今の保育園最後の日。

手作りのフォトアルバムもらいました…>_<…

担任の先生からも、涙の挨拶。(T T)

思わず一緒に涙してしまいました。

帰りは荷物がたくさん。

父にも手伝ってもらって、息子は上機嫌(^∇^)☆

最近本当に落ち着いていて、今までのは一体なんだったんだろう、と思うくらいです。

ちゃんと言うことを聞いてあげるって言うだけで、こんなにも違うものなんですね。

子育て本当に幸せだー。

感動の再会




父がはるばるまた息子に会いに来てくれました。

息子はすぐに懐き、2人でまたラブラブに…














iPhoneから送信

帰りたい。




保育園お迎え後、かれこれおもちゃ売り場で30分以上…

いつ帰るんだろ{(-_-)}













iPhoneから送信

子どもへの接し方について思うこと。



最近、子育てのコツがどんどん掴めてきてる。

今更、と自分でも思うけど、気づけただけまだ良かったというものだろう。

子どもは、決して自分の思い通りにさせようとしてはいけない。

ただこれだけのことだ。

お年寄りと同じ。お年寄りの方を、自分の言うとおりにさせようなんてまず思わないし、そんなことは傲慢にしか過ぎない。

子どもだってそう。

この世に生まれた神様からの授かりものとして、大切に扱わなくちゃいけない。

とことん甘やかして、とことん言うことを聞いてあげて、とことん笑わせてあげる。

それが子育てがうまくいくコツだとしみじみと思える。

前は、そんなことをしてたら、人の言うことを聞かない、まともな大人にならないと思ってた。

厳しく躾なさいと周りからも言われるし、自分もそういう躾け方しか知らなかった。

でもそうする度に、息子はますます凶暴化し、手が付けられなくなってきた。

そしてどんどん自分も息子も辛くなるだけだった。

だから、思い切って止めてみた。

まだおしゃべりもままならない小さな子に、そんなことを強制するなんて残酷だと思ったし、何せ子育てがまったく楽しくない。

そして止めてみた結果、気づいたことがあった。

できる限り子どもの言うことを聞いて、できる限り子どもの言うとおりにしていたら、子どもが自ら変わってくれたのだ。

きちんと話を聞いてあげると、子どもはどんどんご機嫌になり、たくさん笑って、今度はこちらのいうことに素直に耳を傾けてくれるようになった。

そうすると、なんにも苦労することがない。

きちんとした大人に育てようとか、立派な大人に育てようとか、そんなことを考えてたら疲れるだけだと思った。

周りの言うことや、周りの目ばかり気にしていては、なんにも見えなくなってしまう。

分かってはいたつもりなんだけど。

でも、自分の同じような世代の親たちも、迷惑をかけないように気を遣いすぎている人が多いような気がする。

ちょっと騒いだだけで謝り、ちょっとぶつかっただけで謝り、、、

息が詰まりそう。

もっと迷惑かけていいじゃん!

それが許されるような、もっと温かい目で見守ってあげられる社会になって欲しいな。

親だって、誰にも頼れずに、自分だけで頑張ろうとするから、行き詰まって、子どもにも厳しくなってしまうのだ。

そしてそうした結果、もしかしたら虐待も増えてるんじゃないかとも思う。

子どもが言うことを聞かなかったりしてどうしようもなくなった時には、親も行き場がなくなり、精神的にも追い詰められて、手を上げたり、叫んだりして、自分自身のコントロールも効かなくなるんじゃないかな。

次から次と流れてくる、虐待のニュースをみていると胸が締めつけられる。

世の中の子どもが、みんな天使のようなその笑顔や目の輝きを失わずに、のびのびと生きていける世の中になりますようにと願わずにいられない。

保育園面談




息子の風邪もすっかり良くなり、今日無事に新しい保育園の面談へ行けた。

担任の先生はとっても優しく、園の雰囲気も良くて、家からも歩いて10分くらいの距離だし、本当に申し分ない。

息子が慣れるまでは少し大変かもしれないけど、これ以上の環境はないので、頑張ってもらうしかないかな。


暖かく、お散歩日和だったので、その後は公園へ行っていっぱい遊んで帰りました☆

これからたくさんいいことあるといいね(=^ェ^=)