那須どうぶつ王国②

続いて…

カンガルー
背中を必死で掻くカンガルー。


子ヤギ

子ヤギ
お母さんのおっぱいをもらおうとしてたけど、何度も振り払われていた。
ちょっと悲しげ。


泳ぐペンギン
泳ぐペンギン。

毛のあるペンギン
まだ毛の生えているペンギン。

カピバラ1
カピバラ。
3匹はとっても仲良し

カピバラ2
と思いきや、エサの取り合い。
(真ん中が挟まれている…)

カピバラ3
1匹と近づくことができた。
この子はこちらの顔を見上げて、餌を期待している。

インコ?
バードタウンにいた鳥(インコ?忘れた)

カメ
カメ。普通に館内を歩いている。けっこう足が速い。


色んな動物に直に触れあえて(触ってもいい動物がたくさんいた)、とっても楽しかった。


さらにここに行かれる方は、ぜひとも「ザ・キャッツ」ショーを観て欲しいと思う。
いろんな種類の猫たちが、綱渡りをしたり回ったり飛んだりして、猿顔負けのショーを楽しませてくれるのだ。
観客のおじさんやおばさん、赤ちゃんまでが大喜びのショーだった。


那須どうぶつ王国、あなどれません。


那須どうぶつ王国①

昨日は栃木県の那須どうぶつ王国へ出かけた。

小雨のぱらつく中、電車で強行突破。
というのも、わたしと一緒に出かけた友人どちらも車を持っていなかったから…

まずは東北新幹線の那須塩原駅で下車。
すると目の前にネコバス(!)のお出迎えが。

バス1


バス2
正面から見るとこんな感じ。


このバスなんと、出発や到着の際に「ニャ~ン」と鳴くのである。
細かいところまで気が利いている、というべきか。


これに乗車し、悪路を揺られて約1時間。山奥の高台にそれはあった。


さて、無事に入園し、最初に見たのは馬のコーナー。

ポニーちゃんがさりげなく寄ってくる。

ポニー1


ポニー2
餌をくれるのを期待して顔を覗かせている?


ちなみにここの馬はポニーちゃん以外でもあんまり元気がなかった。(雨だから?)
食べた後ぐったりして動かなくなった馬もいた。


移動。念願のアルパカへ!!!

アルパカ1

ベビーのアルパカを発見。

アルパカ2


アルパカ3
何気にこっちを見ていたのでアップ。

超可愛かった


アルパカ4
立ち姿は堂々たるモノ。


アルパカ赤ちゃん
しかし座るとやっぱり可愛い



さて、②へ続く。





はれた日は学校をやすんで

一日中身体がだるく寝込んでいた。

起きているのはトイレとご飯の時くらい・・・(かなり動物的な生活)

昨日の夜は全然平気だったんだけどな~
熱もあるのでフラフラ。


さて、そんな中、本だけは読んでいた。

最近読んでいる本は、



西原理恵子は天才だと心から思う。

何を読んでいても、自分の中で消化不良になったままどこかに忘れ去った気持ちをことごとく思い出させてくれる。

それだけじゃなく、文章全体に、経験した者だけが語ることのできる圧倒的なパワーと愛がこもっていて、また力強く生きていこうという気持ちになれる。

まさに肝っ玉母ちゃん!という感じ。近くにいたらなんでも相談したい。