育てにくい子にはわけがある

保育セミナーに足を運んだ際にふと目に留まって、この本を手に取りました。

『育てにくい子にはわけがある』

読んで本当に目から鱗でした。

そして、感覚過敏が判明した息子に関する新たな扉が開いたような気持ちになりました。

息子はこの本の事例でいうところの、
(7)「ことば」の問題や、ある種の「理解力や社会性」の崩れ
という項目がぴったりと当てはまっていました。

この本は、木村順さんという、作業療法士(OT)の方が書いたもので、保育士や医師ではないけれども、実際にいろんな場面でのつまづきがある子どものことを、非常に良く理解されているように思えます。

息子も、感覚過敏や周囲とのトラブルが多くあるといえ、具体的にどのようにすれば軽減されていくのか、いまいちはっきりと分かっていなかったのですが、本書を読んで、毎日取り組んだほうが良いワークや運動遊びをたくさん教えていただき、今はとても安心しています。

要は、感覚を統合させるために、その子の脳の状態に見合ったさまざまな刺激や感覚を取り入れてあげれば良いのです。

その子が「楽しんで」いるならば、それはOKで、息子の場合は、平衡感覚や識別系をつけていくために、ブランコ、トランポリン、キャッチボールや手探り遊び、ゆっくりとした体のマッサージなど、できそうなことはたくさんありました。

特に驚いたのは、息子が何度言っても右と左が判らなかったので、わたしは何度も頭を悩ませていたのですが、これは無理矢理教えても本当に意味がなかったということ。

脳の正中線がまだしっかりとしていなかったために、どれだけ教えても理解できなかったことでした。

何度も感情的に怒ってしまったことを、今ではとても反省しています。

なんでも、怒って教えるものではないですね。 それは単に親の身勝手さや未熟さというだけに過ぎません。

しかし、息子が遅ればせながら最近は右左が判るようになってきて、これを自然に覚えていったのは、もしかしたら空手を習い始めたおかげかな~、という気がしています。

空手は、この運動遊びのような、左右の脳を交互に使うような動きを基本稽古としてやっているからです。

そして、息子はこれをとても喜んでやっています。

きっと、今の息子にちょうど合った動きだったのでしょう。

息子は最近とても落ち着いていて、内面的にぐんと成長しました。

きっと生活の中で、いろいろと脳も発達を遂げているのだろうと思います。


この本に出会って、家庭でも、仕事の面でも、本当に救われたような気持ちです。

まだまだ、わたしの知らないことが保育の面でもいっぱいあるなぁ、と、日々勉強の大切さを感じています。







あなたが自分らしく生きれば、子どもは幸せに育ちます

知る人ぞ知る、横浜の保育施設「りんごの木」の創設者である柴田愛子さんが執筆した著書、
「あなたが自分らしく生きれば、子どもは幸せに育ちます」
を読んだ。

正直、今まで読んだどの育児書よりも身近に感じられ、柴田さんの温かいエールが耳元まで届きそうな内容の本だった。

柴田愛子さんは、小さい頃、自分が皆と同じように動くことが苦手で、できないことや忘れ物も多く、自己評価の低い子どもだったと言う。

わたしも今でもみんなと同じことをするのは苦痛でしかないし、なるべく集団を避けるように生活してきたから、その気持ちがすごく良く分かる。

そんな柴田さんだが、今では子どもたちのために色んな活動をなさっているのだから、わたしにもすごく希望が持てた。

柴田さんの保育理念は、まさに、「子どもの心に寄り添う」ということ。

文中には、そんなエピソードがたくさん散りばめられていて、それだけでなく、親の気持ちにも寄り添ってくれるような語り口で進んでいくので、一つ一つのお話が心にすっと入っていくようだった。


この本を読む前と後では、決定的に違うことがある。

それは、子どもの気持ちを一番に尊重しなくてはならない、とどこかで縛っていたような気持ちが、ふっと融けたように感じたこと。

親だって人間なのだから、時には自分の気持ちを表現し、主張する権利がある、と思えたのだ。

今までは、とにかく子どもの言うことを汲んであげて、代弁してあげることが重要なんだと思い込んでいた。

そしてそれができない自分を、心のどこかで責め続けていた。

だけど、考えてみれば当たり前なんだけど、親にだって感情があり、喜怒哀楽がある。

それを知るのは、子どもにも絶対必要なことなんじゃないだろうか。

そこから、自分以外の人間も、自分と同じように生きているということを感じ取る。

そして、優しさや思いやり、どういう風にしていったら、周囲とうまく折り合いをつけられるかということなどを、頭と体で習得していく。

親はそのための一番身近なモデルだ。


日々、息子のことを聞いてあげることに対して、どこまで譲っていいのか、その線引きを少し迷っていた頃でもあったし、息子も、色んな感情が分かるほどにもう成長しているから、ちょうど今、この本を読んで良かった。

子どもが自分を主張するように、こちらも親なりの考えを主張して、今度からは息子に、自分の本当の気持ちを伝えていこうと思う。


柴田さんが言うように、子どもはみーんな当たりくじだ。

自分だけの、当たりくじ。

大当たりにするかどうかは、親にかかっている。

そう考えれば、子育てほど長く楽しくやりがいのあることは、他にはそうそう無いだろう。


さ、明日も頑張ろうかな。








HSC 子どもの敏感さに困ったら読む本

息子のことでずっと悩んでいたことがある。

なんだか他の子とどこか違う、と思う気持ちがずっと拭えきれなかった。


赤ちゃんの頃から些細なことで大泣きし出し、長時間泣き止まないこと。

偏食に困り果てて、お手上げになったこと。

初めてのことに異常に臆病になること。

服のタグやチクチクを気にし過ぎること。

特定の音が苦手で、耳を塞ぐか、逃げ出してしまうこと。

冷蔵庫を開けると、何メートルも離れているのに、匂いを嗅ぎ出すこと。

少しでも砂や水が靴の中に入ると大騒ぎなこと。

通い慣れた保育園でも、集団でお友達が近づいてくると、「わーっ!」とパニックになってしまうこと。

これらの謎が、この本に出会って、やっと解けた気がする。


『子どもの敏感さに困ったら読む本』
~児童精神科医が教えるHSCとの関わり方~




この本の定義では、息子は明らかに敏感体質=HSC(Highly Sensitive Child)といえる子どもだ。

これは、脳のシステム障害に基づく発達障害とは異なり、個性の一つということで、世界中で5人に1人くらいの確率で存在するらしい。

意外に多いが、まだまだ社会的に認知はされておらず、そのために、自閉症などと誤って診断されているケースもあるという。

自閉症との決定的な違いは、社会性があるかどうかということ。

平たく言えば、他人とコミュニケーションがきちんと取れるかどうかということ。


小さい頃から誰とでもおしゃべりが得意な息子は、その点に関しては明らかに違っている。


でも、ずっとずっと、どこか他の子と違って育てにくさのある息子に対して、いったいどうすれば良いのか?
と悩んできた。


しかしこの本を読んで、その特性に関して理解できた以上、私は悩むのを止めて、受け入れようと思った。

本人は悪気はない。直すこともできない。
自然に大人になるにつれて角が取れることはあっても、基本的にその特性がなくなるわけではないということを知ったからだ。


息子はHSCのチェック項目23項目のうち、16項目明らかに当てはまる。

まさに感覚過敏が原因だと言えると思う。

そして、あろうことか、かくいうわたしも、HSP(Highly Sensitive Person)に半分以上当てはまることに気づいてしまった。


息子のそんな特性が受け入れられなく感じるのも、きっと、自分の嫌いなところを目の当たりにしているように感じるからかもしれない。


この本には、そんなわたしと息子への特効薬とも言える対処法も載っている。


わたしも、小さい頃を思い返して、「あー、こんな風に育ててもらいたかったな~」
というような記載がたくさんあった。

本当にこの本に出会えて良かった。

これからは、とにかく、息子の気持ちを尊重することを大事にしたい。


わたしのやり方を押し付けないようにしたい。


本音を隠してしまうことが、大人になってからも心の傷になってしまうことのようなので、それだけは気をつけたい。


ともかく、息子のことを理解できたということだけで、本当に肩の荷が下りたような気がする。


このタイミングで空手を始めたのも本当に良かったかもしれない。

最近、息子に大きな変化が見られる。

保育園でお友達と一緒に遊びたいと言い出すようになった。

朝、登園時に自分からお友達や先生に挨拶するようになった。

凸凹の峰の部分がぐんと伸びて、へこんでいる部分を引っ張り上げてくれているのかもしれない。


たくさんの人の中で、これからも自信や思いやりを、たくさん付けていって欲しいと思う。


息子が成長していくのを見るのは、何よりもの喜びだから。



あなたをずっとあいしてる

息子と映画を観に行った。

いつもは映画担当は旦那だけど、今回はわたし。

わたしが観たい映画だったから。笑


「あなたをずっとあいしてる」






原作は、「おまえうまそうだな」の絵本作家によるもので、息子はその絵本を知っていたので、息子も観る気マンマンだったのですが、ストーリーは思ったより残酷でした。


生まれたばかりで両親をなくした恐竜の子が、小さいながらも自然の厳しさと戦い、仲間との友情や思いやりなどを育みながら立派に成長していくというストーリー。


息子は何度も大声をあげて泣いていました。笑


「ママ~。恐いよ~!」

「悲しいよ~」

と、わたしにくっついて、後ろ向きに振り返りながら見ていました。

ちょっと息子には刺激が強すぎたかもしれません。


なにせ、いつも妖怪ウォッチやノンタンしか見てないもんだから…笑


でも、息子の心がとても純粋なんだと知り、わたしはとても嬉しかったです。


ふだん怪獣ごっこばっかりしてるくせにね。


帰ってきてから描いた恐竜。




う~ん。

なんか、味は出てます。

絵本

久々に、古書店でたくさん絵本を購入した。




図書館などでも借りられるが、どうしても返却が面倒くさくなってしまうのと、ずっと手元に置いておきたいという理由から、やっぱり買うしかないなという結論に至った。


みんなどこかで見たことあるような馴染みのある本。

特に「スイミー」は、わたしがこどもだった頃にとっても印象に残っていた本だったので、見つけた時は興奮した。(^.^)♪


少し小さい子向けの本も混じっているが、幼い息子にはこれくらいがぴったり。


毎日寝る前に読み聞かせるのだ(=^ェ^=)