学校説明会

先週あたりまで、近隣の小学校で学校公開(昔でいうところの授業参観)と説明会があったので、合間を縫ってちょくちょく色んなところへ見学に行かせてもらった。


うちの居住区では、学校が選択制で、好きなところへ希望を出していいことになっているが、小学校によって、ほんとに特色が違っていることに驚く。


家から一番近くて行きやすいところが一応指定校ではあったのだが、見学の前は、95%くらい、「そこでいいか」と決めていた学校が、なんだか全然息子に適していないような気がして、今揺らいでいる。


そこは勉強はもちろん、全てにおいて熱血!みたいなところで、なんか、説明会に行っただけで、わたしはサーっと引いてしまった。笑


生徒の雑巾掛けの様子などをパワーポイントで見せられて、
「うちの子たちはこんなことも非常にマジメにやります!」
と校長先生などは熱弁をふるっていたが、わたしにとってそれはなんだか血の気が引くような映像でしかなかった・・・。

あとは、人口密度の多さ。

教室にずっと立っていただけで酸欠になった、と言ってたお母さんがいたが、まさにそんな感じ。

悪いとは思うが、息子がそこへ馴染むとは到底思えない。わたしだって嫌なくらいだから。


反対に、ちょっと遠くて、坂の上にあり、通いにくそうな小学校が、とてものんびりしていて、校庭や教室も半端なく広く、自然にも恵まれており、なんだかほっとするようなところで、息子も、ここに行きたいと言っている。

毎日のことなので、通いやすさを選ぶか、ちょっと言い方は悪いかもしれないが、ゆるーくのどかで牧歌的な学校を選ぶか。


もちろん中学に上がる時のことも考慮してなくては行けないし・・・


そして、一年生の間は、学校がほとんど午前中で終わるんですね・・・知らなかった。(゚Д゚)


相変わらず、重要なことは抜けている母です。


写真は、最近買ったキックボード。



これでバランス感覚が付けばいいな~。


わたしはちなみに自分が想像してたより乗れませんでした。笑
(練習しよう!)


今日のお手紙

息子にこんなお手紙をもらいました。



「どうぶつえんにいっしょにいこうね」


こんなお手紙もらったら、いくら疲れていても、行くしかないかな~、と思います。

**

最近はホームスクールと謳って、保育園から帰ってきたら、まず、ご飯の前に何かしらのワーク(お勉強)を一緒にすることにしています。

めいろでも、お絵描きでも、かるたでも、足し算でも、何かしてから自由時間ということにすると、息子は俄然やる気を見せます。笑


就学前に、自分に少しでも自信というものがつくように、母子共々頑張ろうかな、と。


息子に笑顔で小学校に行けるようになってもらいたいです。


LaQ

手先を器用にすると聞いて、LaQ(ラキュー)というブロックを買った。

ベーシック、650pcs.



組み立て好きな息子はやっぱりくいついてる。




わたしも試しにやってみたが、カチッとはまる感触が良い。


ブロックだとすぐに崩れたりするので、息子はよく「イーッ」となっていたが、これはならなくて、安心。笑

早速色んなものを作っていた。




わたしも何か作ろうと思ったが、いかんせん、創造力が退化しているのもいいとこで、組み立て例なしには何も満足に作れない・・・_:(´ཀ`」 ∠):


頭の体操のために、息子に付いてわたしも一緒にやろうかな~( ̄∇ ̄)






チックと発達段階

最近、息子が自分から絵を描くようになり、絵に対する抵抗がなくなった。

今までは、
「描いて~」
とお願いしても、
「やだ!」
と言ったり、
「分かんな~い」
といった答えが多く、あんまり積極的に取り組んでくれなかったのだが、最近はそうでもない。

それどころか、立派にそれ相当に見えるような絵を描いてくれるようになった。

それに、息子の絵は、前は黒が多かったけど、今は、とてもカラフル。

なんとなく、これはいいことに思える。

頭の中で、色が想像できるようになってきたということかな、と思うから。


実は息子はちょっと前、チックが出ていることがあった。

両目の白眼を剥くような仕草。

左上をさっと、見てまた戻すクセ。

それは、チックの一種であることをネットで調べて知った。

チックは良くストレスから来ると言われるが、息子に何が起きているのか、母は色々と考えあぐねたが、さして原因など特定できず、結構心配していた。

しかしそんなこんなで一週間ほど、なんにもしていないけど、自然とその仕草は消えた。

そんなことが2回。

はっきりと言えることは、そのチックが過ぎ去った後に、息子がかなり成長を見せるということ。

口ぶりも、頭が良くなったような感じで、たくさん語彙が増えて、自制も効くようになっている。

チックはもしかしたら、脳がたくさんの情報を受けて、バグってショートしたような感じで、しばらくしたら回復し、いつの間にかバージョンアップしているようなものなのかな、と思った。

ストレスによるチックも、もしかしたら、脳のある部分が損傷し、エラーを起こしてしまっている器官を修正するような動作なのかもしれない。

子どものことはいまだに、どれだけ勉強してもまったく不思議で、謎に包まれていることが多い。

でも、息子は確実に成長している。

チックが消えたあとぐらいから、今回は一気に絵も上達した。

それだけでもう充分に思えて・・・

勉強が少しくらいできなくてもいいよね、という気になってしまう。(^^;




今回はウサギの絵。

親子で可愛い(^^)

フラダンス

昨日の息子の絵。

これは私。フラダンスを踊っているそう。





4歳くらいの子が描くような幼い絵だけど、息子なりに進歩してる。


体が描けるようになってる!