あなたが自分らしく生きれば、子どもは幸せに育ちます

知る人ぞ知る、横浜の保育施設「りんごの木」の創設者である柴田愛子さんが執筆した著書、
「あなたが自分らしく生きれば、子どもは幸せに育ちます」
を読んだ。

正直、今まで読んだどの育児書よりも身近に感じられ、柴田さんの温かいエールが耳元まで届きそうな内容の本だった。

柴田愛子さんは、小さい頃、自分が皆と同じように動くことが苦手で、できないことや忘れ物も多く、自己評価の低い子どもだったと言う。

わたしも今でもみんなと同じことをするのは苦痛でしかないし、なるべく集団を避けるように生活してきたから、その気持ちがすごく良く分かる。

そんな柴田さんだが、今では子どもたちのために色んな活動をなさっているのだから、わたしにもすごく希望が持てた。

柴田さんの保育理念は、まさに、「子どもの心に寄り添う」ということ。

文中には、そんなエピソードがたくさん散りばめられていて、それだけでなく、親の気持ちにも寄り添ってくれるような語り口で進んでいくので、一つ一つのお話が心にすっと入っていくようだった。


この本を読む前と後では、決定的に違うことがある。

それは、子どもの気持ちを一番に尊重しなくてはならない、とどこかで縛っていたような気持ちが、ふっと融けたように感じたこと。

親だって人間なのだから、時には自分の気持ちを表現し、主張する権利がある、と思えたのだ。

今までは、とにかく子どもの言うことを汲んであげて、代弁してあげることが重要なんだと思い込んでいた。

そしてそれができない自分を、心のどこかで責め続けていた。

だけど、考えてみれば当たり前なんだけど、親にだって感情があり、喜怒哀楽がある。

それを知るのは、子どもにも絶対必要なことなんじゃないだろうか。

そこから、自分以外の人間も、自分と同じように生きているということを感じ取る。

そして、優しさや思いやり、どういう風にしていったら、周囲とうまく折り合いをつけられるかということなどを、頭と体で習得していく。

親はそのための一番身近なモデルだ。


日々、息子のことを聞いてあげることに対して、どこまで譲っていいのか、その線引きを少し迷っていた頃でもあったし、息子も、色んな感情が分かるほどにもう成長しているから、ちょうど今、この本を読んで良かった。

子どもが自分を主張するように、こちらも親なりの考えを主張して、今度からは息子に、自分の本当の気持ちを伝えていこうと思う。


柴田さんが言うように、子どもはみーんな当たりくじだ。

自分だけの、当たりくじ。

大当たりにするかどうかは、親にかかっている。

そう考えれば、子育てほど長く楽しくやりがいのあることは、他にはそうそう無いだろう。


さ、明日も頑張ろうかな。








コストコのアップルタルト

コストコのアップルタルトを旦那が買ってきたので、初めて食べてみました。

   

普通のケーキの大きさの10倍くらいはありそうなタルト。

でも、生地は薄く、タルト生地はクッキーのように固くて、上に何枚も乗っているリンゴは酸味がきちんとあり、わたし好みの味でした(^^)

これで798円は、お買い得♡



息子もペロッと食べていました(´∀`)

食欲も落ちず、体調も崩さず、この暑さでも息子は毎日元気に飛び回っています。


親になるって体力要るなぁ〜ホント・・・。


HSC 子どもの敏感さに困ったら読む本

息子のことでずっと悩んでいたことがある。

なんだか他の子とどこか違う、と思う気持ちがずっと拭えきれなかった。


赤ちゃんの頃から些細なことで大泣きし出し、長時間泣き止まないこと。

偏食に困り果てて、お手上げになったこと。

初めてのことに異常に臆病になること。

服のタグやチクチクを気にし過ぎること。

特定の音が苦手で、耳を塞ぐか、逃げ出してしまうこと。

冷蔵庫を開けると、何メートルも離れているのに、匂いを嗅ぎ出すこと。

少しでも砂や水が靴の中に入ると大騒ぎなこと。

通い慣れた保育園でも、集団でお友達が近づいてくると、「わーっ!」とパニックになってしまうこと。

これらの謎が、この本に出会って、やっと解けた気がする。


『子どもの敏感さに困ったら読む本』
~児童精神科医が教えるHSCとの関わり方~




この本の定義では、息子は明らかに敏感体質=HSC(Highly Sensitive Child)といえる子どもだ。

これは、脳のシステム障害に基づく発達障害とは異なり、個性の一つということで、世界中で5人に1人くらいの確率で存在するらしい。

意外に多いが、まだまだ社会的に認知はされておらず、そのために、自閉症などと誤って診断されているケースもあるという。

自閉症との決定的な違いは、社会性があるかどうかということ。

平たく言えば、他人とコミュニケーションがきちんと取れるかどうかということ。


小さい頃から誰とでもおしゃべりが得意な息子は、その点に関しては明らかに違っている。


でも、ずっとずっと、どこか他の子と違って育てにくさのある息子に対して、いったいどうすれば良いのか?
と悩んできた。


しかしこの本を読んで、その特性に関して理解できた以上、私は悩むのを止めて、受け入れようと思った。

本人は悪気はない。直すこともできない。
自然に大人になるにつれて角が取れることはあっても、基本的にその特性がなくなるわけではないということを知ったからだ。


息子はHSCのチェック項目23項目のうち、16項目明らかに当てはまる。

まさに感覚過敏が原因だと言えると思う。

そして、あろうことか、かくいうわたしも、HSP(Highly Sensitive Person)に半分以上当てはまることに気づいてしまった。


息子のそんな特性が受け入れられなく感じるのも、きっと、自分の嫌いなところを目の当たりにしているように感じるからかもしれない。


この本には、そんなわたしと息子への特効薬とも言える対処法も載っている。


わたしも、小さい頃を思い返して、「あー、こんな風に育ててもらいたかったな~」
というような記載がたくさんあった。

本当にこの本に出会えて良かった。

これからは、とにかく、息子の気持ちを尊重することを大事にしたい。


わたしのやり方を押し付けないようにしたい。


本音を隠してしまうことが、大人になってからも心の傷になってしまうことのようなので、それだけは気をつけたい。


ともかく、息子のことを理解できたということだけで、本当に肩の荷が下りたような気がする。


このタイミングで空手を始めたのも本当に良かったかもしれない。

最近、息子に大きな変化が見られる。

保育園でお友達と一緒に遊びたいと言い出すようになった。

朝、登園時に自分からお友達や先生に挨拶するようになった。

凸凹の峰の部分がぐんと伸びて、へこんでいる部分を引っ張り上げてくれているのかもしれない。


たくさんの人の中で、これからも自信や思いやりを、たくさん付けていって欲しいと思う。


息子が成長していくのを見るのは、何よりもの喜びだから。



餃子

餃子を一緒に作りました。

  

オイスターソースで味付けすると、タレを付けない息子でも美味しく食べられます。(=^ェ^=)





久しぶりにパパと一緒の晩ご飯でした。



道着

待ち望んだ空手の道着が揃って、息子のテンションはMAX。

空手道場でもやる気マンマン。

家に帰ってもご飯の時以外、一日中道着を着て練習してる。


正直、ここまでハマるとは思ってなかった。


それを横目に、パパも、「いいな~、パパもまたやりたくなっちゃったな~」
と、呟いてる。笑